mineo

mineoの詳細

mineoの速度について

mineo(マイネオ)の通信速度は、一体どのくらいのものなのか解説します。ドコモ回線プランは255MbpsのLTE回線で、AプランでもAUのLTE回線と同じ、最大225Mbpsの速度がでます。デジタル家電情報などを載せている雑誌などにも書かれていますが、混雑する時間帯に関しては、キャリア契約の回線の方が通信速度が上なのです。圧倒的な通信速度を求めるのであれば、キャリア契約が無難と言えます。しかし、料金の安さは比べるまでもないくらい勝っていますし、速度が遅い場合があることを差し引いても、とてもいいサービスなのかと思います。

mineo Aプランにおける3日間制限

キャリアもMVNOもそうですが、契約している全ての方々が快適な通信が利用できるよう、多くのデータ通信を利用したユーザーには、速度制限をしています。利用日の直前3日間のデータ通信の使用量を合計し、定められた容量をオーバーしたユーザーに向かって、速度制限措置が取られます。200Kbpsの速さとなります。直近3日制限は、データ通信の使用量が規定の容量を下回れば、自動的に制限が解除されます。過度な使用をしなければ、通信制限にかかることはほとんどないと思います。料金プランごとの規定容量は規定されていないようで、Aプランは、各プランともに、直近3日で1GBが規定値に設定されているようです。

mineo docomo回線プランの3日制限

mineoのdocomo回線プラン通称Dプランならば、直近3日間における通信量をベースにした、3日制限がかかる仕様はございません。動画を沢山見る日もあれば、全く見ない日もあるなど、日毎の通信量の変動幅が大きい方は、直近3日間の通信量により規制がかかるauプラン(Aプラン)よりもドコモプラン(Dプラン)の方が、気兼ねなく、データ通信が行えます。プランを選ぶときには、このような点にも注目してみてください。

mineoのチェックすべき項目

MVNOであるmineoでは、格安SIMと格安スマホを展開しています。月々のスマホ料金を節約したい場合、他のキャリアからの乗り換えをするとかなりの料金低下が見込める格安スマホサービスです。デュアルタイプ(データ通信+音声通話)の月額基本料金は1,310円からと料金の安さが話題となっています。マルチキャリアMVNOを国内初で提供しているのが「mineo(マイネオ)」で、docomo回線のプランとau回線のプランの好きな方を利用する事が出来ます。docomoやauと同じ電波エリアや音声品質で利用できるので、とてもお得なサービスですね。まだ、MVNO?格安スマホ?という方もいると思いますので、mineoの速度や解約・店舗情報など、mineoのすべてを網羅しました。mineoに関して、理解を深めて頂けるかと思います。

docomoとdocomo・AUエリアで使える激安なスマホ

mineoはdocomo回線とau回線を用意している国内初のマルチキャリアMVNOです。docomoとauのそれぞれの回線を利用しているので、音質はもちろん、サービスエリアもまったく変わりありません。その上、docomo回線とAU回線を使っているのでdocomo、AUのスマホがそのまま使えるので、新しく買い換える必要はありません。スマートフォンの買い替えしなくて済む事は、ユーザーにとってはかなりお得です。今までauやdocomoのスマホを使っていても、mineoでもSIMフリーのスマホを販売しているので、買い替えることもできます。docomoやauといった大手キャリアの回線がお好みで選べて、自分でdocomo、auの回線の好きな方を選択する事が出来ます。1ヶ月分の料金もそれぞれに差があるので、検討する際には比較することを忘れないようにしましょう。

VoLTEに対応

VoLTE対応プランをいち早く用意したのが、mineo。「VoLTE」は、従来の音声通話の音質を改善した、最新通話技術のことです。従来の音声通話が対応できる周波数は、300Hz~3.4kHzまででした。しかし今回のVoLTEにおいては拾える音が広がり、50Hz~7kHzまでの音を拾うことができるようになりました。これは、今までの通話と比較すると、かなりクリアな音質で話せるようになったということです。これがmineoの魅力でもある、VoLTEというものです。docomoプランは元々VoLTE対応ですし。

データ量繰り越しOK

mineoにおいては、パケットの通信量を次の月に繰り越すことも可能なので、月によってデータ通信量が大きく変わる方でも、気兼ねせずに利用できるので、ユーザーにとっては大変利用価値が高いと思います。

mineoスイッチアプリを駆使して、通信量を節約!

mineoではmineoスイッチと呼ばれるものがあり、高速に通信する必要が無いときは、低速な通信に切り替えることが可能となっています。データ使用量を管理し、無駄なく使うにはうってつけの機能なのです。通信量節約のためにmineoスイッチアプリやWifiを組み合わせて使用することで、さらに安いプランでおさめることができます。非常にお得なMVNOですので、是非ご検討下さい。

mineo月額料金と解約

mineoの料金プラン、通信速度などについて紹介します。現在契約中のスマホの料金と照らし合わせながら、どれくらい携帯料金を抑えることが可能になるのか、是非参考にご覧ください。どれだけ安いのか、mineoの料金プランの詳細をチェックしていきましょう。

mineoの料金

mineoのプランは、データ通信専用SIMと音声通話付きSIMで分かれています。070・080・090の電話番号が使いたい場合は音声通話付きSIMが必要で、従来のスマホと同じ使い方をしたいのであれば、音声通話が出来るSIMが必要になりますので、音声通話付きのSIMを選ぶようにして下さい。音声通話SIMの料金は、Aプラン(AU回線)が500MBで1,310円、1GBで1,410円、3GBで1,510円、5GBで2,190円、10GBで3,130円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MBで1,400円、1GBで1,500円、3GBで1,600円、5GBで2,280円、10GBで3,220円となっています。

データ専用SIMの月額費用は、Aプラン(AU回線)が500MB:700円、1GB:800円、3GB:900円、5GB:1,580円、10GB:2,520円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MB:700円、1GB:800円、3GB:900円、5GB:1,580円、10GB:2,520円:す。

mineoの解約違約金

mineoの違約金に関して、解説していきます。キャリアと同じく多くのMVNOでも縛り期間があっても、mineoでは縛りの期間がないので、解約時に違約金がかかりません。使用期間の縛りを気にせず、格安SIMを試せることは、色々と試す事ができるので、MVNOにおいては強力な特色といえるでしょう。ただし、1年以内のMNP転出の場合には、12,420円が掛かってしまいます。音声通話SIMを使う方は、注意する必要があります。

今なら間に合うキャンペーン

IIJmio

IIJmioの詳細

IIJmio速度

いろいなMVNOの携帯プランの中でも、IIJmioは、docomoの4GLTE回線を使用しています。対応エリアが広く、回線の信頼性が高いので安心できるサービスです。実際に、通信速度の評価は高く、口コミサイトでのレビューでは、中々の高評価を得ているという印象です。速くて安い格安スマホを利用したいのであれば、IIJmioこそが、最有力なMVNOといえるでしょう。

IIJmioでの3日間制限

みおふぉんは、低速通信使用の時は、72時間のデーター量によって、速度に制限がかかる時があります。ただし、高速データ通信時であればこの制限とは無縁です。契約者が公平で快適な通信が行えるように、データ通信量が多すぎる利用者には、速度制限を適応しています。72時間で利用したデータ通信容量をもとに、ある規定の容量をオーバーしてしまった利用者には、通常より遅い通信速度での使用ならば可能な速度制限が適用されます。直近3日間の利用量が、決められた値よりも下がれば、自動で解除されます。通常使用の範囲を超えない限りは、速度制限にかかる心配は必要ありません。

IIJmio月額と解約

IIJmioの料金プランや通信速度についてご紹介します。今使ってる携帯料金と比べながら、どれくらい携帯料金を抑えることが可能になるのか、読んで頂ければと思います。どれだけ節約できるか、料金プランを見ていきましょう。

IIJmioの月額プランと初期費用

IIJmioの料金プランに関しては、SIMは、データ通信専用のものと音声通話付きのものとで分かれています。070/080/090などの番号を使用するものが音声通話SIMなので、通常通り携帯電話を使用したい場合には、音声通話SIMを選ばなければいけません。音声通話SIMの料金プランは、ミニマムスタートプラン(3GB):1,600円、ライトスタートプラン(5GB):2,220円、ファミリーシェアプラン(10GB):3,260円となっています。

データSIMの料金プランは、ミニマムスタートプラン(3GB)で900円、ライトスタートプラン(5GB)で1,520円、ファミリーシェアプラン(10GB)で2,560円です。

IIJmioの最低利用期間について

みおふぉんの解約違約金について、説明していきます。データSIMのご利用の際には、利用期間は特に定められておりません。解約手数料は、解約時期に関係なく一切かからないということは非常に魅力的ですね。音声通話用SIMをお使いの場合は、さすがにそういうわけにもいかず、少なくとも12ヶ月間は契約を続けることが前提になっています。12か月以内に契約を解除された際は、契約を違反してしまいますと9,000円の費用が発生しますのでご注意お願いします。キャリアと異なり、縛り期間が自動更新されず、13ヶ月我慢できれば、いつ解約しても手数料が無駄にかからないというのはいいですよね。

IIJmioって?

音声通話機能付きSIM「みおふぉん」についてご紹介します。「みおふぉん」は(株)インターネットイニシアティブジャパンが提供するサービスです。株式会社インターネットイニシアティブはMVNOサービスを早期に開始した会社であり、格安SIMが世間に広まる以前から利用しているユーザーならば、IIJmioの名前を知らない人はいないでしょう。2015年に実施された「格安SIMアワード2015」という顧客満足度調査にて、最優秀賞を受賞いたしました。安心のサポートや、回線品質の高さ、コスパの高さが支持された証かと思います。そんな訳で、今回は、IIJmioがなぜ話題なのかをまとめたレポートになります。気持ちを楽にして読んでみてください。

docomo回線の格安スマホ

株式会社インターネットイニシアティブでは、docomoの回線を利用している「IIJmio」を提供しています。そのため、通話品質はdocomo同様、高品質ですし、docomoと同様のエリアでサービスが利用可能なため、つながりやすさもお墨付きです。docomoのスマホを使っている方であれば、大体の機種は変更せずに利用できます。IIJmioが提供するSIMフリーのスマホと共にセットで買うことも可能です。現在、docomoのスマートフォンをお持ちであれば、SIMカードの契約のみで利用することができるので、新たに本体代を支払う必要がなく、経済的に優しいですね。IIJmioはNTT docomoよりも安い料金プランで、同等の通信品質を利用できるサービスです。

バースト機能採用で、低速時がより快適に。

IIJmioでは、バースト機能と呼ばれるものが存在しています。この「バースト機能」についてご説明します。最初の3秒くらいまでの間なら、低速通信時であってもバースト機能なら高速通信で通信し、WEBページを表示する際のレスポンスを向上させる機能になります。このバースト機能により、低速通信時でもページの表示速度が上がるため、ページ表示の遅さが和らぐため、ストレス無くインターネットをすることが可能になるので、モバイル選びには大切な機能となっています。なお、この機能を導入済みなのは、IIJmioとDMMモバイルだけなのが現状です。

容量の翌月繰越対応

データ通信の容量はご契約のプランごとに異なりますが、どのプランを選んでいても、常に容量の限界まで使いきれるとは限らずに余ってしまうということもありうるでしょう。IIJmioの場合は、余ったデータ容量を翌月に繰り越して使用する事が可能です。前の月で余らせた通信量を次の月に使うことができないMVNOが多いので、IIJmioはこういった点においても、お得と言えます。効率よく無駄なく使いたい方にとっては、非常にありがたいサービスです。

ファミリーシェアなら、10人までシェア出来る

IIJmioのファミリーシェアプランをご存知ですか?このサービスを使うと、最高で10枚までSIMカードの追加や、SIMカードの削除が可能です。家族10人でIIJmioに乗り換えれば、今の携帯代との価格差は大きくなるでしょう。家族全員分の携帯料金を考えると、家計に優しく賢くスマホを使えることでしょう。この機会に節約のために携帯電話料金を改善してみてはどうでしょうか。IIJmioはサポート体制が十分で好評なので、格安スマホを利用したことがない人でも安心して利用することができます。更に子供用としても、キッズスマホとして使える安心の「みまもりパック」もあるので何の不安もなく使わせることができます。

IIJmio評価まとめ

有名なIIJmioの最大の魅力は、格安スマホのパイオニアであるがゆえのブランドイメージの高さと、コスパにあると言えます。さらに格安SIMアワードの総合部門最優秀賞を受賞していて、ご利用のお客様からも大変ご満足いただけてるとおもいます。電話サポートにも対応するなど充実しているため格安スマホや格安SIMに対する知識がない人でも、電話ですぐに解決できるので、初めて格安スマホを選ぶならIIJmioがイチオシです。

通信速度が安定感とサポート体制が快適!

IIJmioについて口コミやその評判を検索してみると、通信スピードの安定性と親切丁寧なサポートに集中しているようです。格安SIMアワードの結果にもその人気は見受けられ、最優秀賞を受賞しており、その実力は高いものがあります。IIJmioは今から使用する上では、最も有力なMVNOでしょう。他のMVNOと比べても、古い歴史を持つ安定と信頼のブランドです。一般的な認識としても評判の良いMVNOなので、どの格安スマホ/SIMにすればいいのか悩んでいる人にとっては、おすすめできるNVNOの一つとなります。

【キャンペーン情報】IIJmio

DMMモバイル

DMMモバイルの詳細

DMMmobileの速度

数多くのMVNOの中でも、DMMモバイルは、docomoの4GLTE(225Mbps)回線を使ったら格安スマホサービスです。つながる範囲や回線スピードには、docomoの回線ならではの信頼感があります。通信速度も速く、安定感があり、利用者のレビューや口コミを見ても、さすがは人気MVNOと言えるだけある、高評価を得ている事が多いようです。毎月の携帯料金を抑えたい、でもそこそこの通信量は発生する、そんな方に最適なMVNOがDMMモバイルと言えるでしょう。

DMMモバイルにおける帯域制御について

DMMモバイルは、直近3日間に低速通信をしている利用している場合、その通信量に伴って速度制限の対象となることがあります。ただし、高速データ通信時であればこの制限とは無縁です。
多くの利用者が同様に快適な通信を利用できるように、多くのデータを通信利用した者に、速度制限の処置を取っています。具体的には3日あたりの通信容量が、予め決まっている量を越した方に対しては、速度を制限した状態で回線を使用することになります。直近3日間の通信量が規定値を下回れば、自動的に解除となります。大量の動画を見たり、大きな容量のファイルをダウンロードしたりしない限り、速度制限にかかることはないと思います。

DMMモバイルの特徴

人気MVNOの一角である、DMMモバイルは、運営しているのは動画サイトでおなじみのDMM.comで、2014年12月よりサービスの提供をを開始しています。DMMモバイルは業界最安値を売りにしており、ほぼすべてのプランで最安の設定となっているようです。安い月額料金を重視するのであれば、MVNOがお薦めです。また、値段の安さだけでなく、通信速度も安定していることもあり、インターネットを使用する場合においても、不自由なく使うことができます。まだ、MVNO?格安スマホ?という方もいると思いますので、DMMモバイルのスピードや口コミをレビューしながら、ご紹介していきます。楽しく、読んで頂ければと思います。

docomoネットワークを使った激安なスマホ

有名な動画配信業者のDMM.comがサービスを提供しているDMMmobileは、docomoの回線を利用して実現されているものです。そのため、通話品質はdocomo同様、高品質ですし、また、当然ながらそのサービスエリアも安心の広範囲をカバーしていますので圏外の心配もほとんどありません。docomoのスマホは、ほとんどがそのままDMMモバイルでも使うことができます。もちろんDMMmobileを契約する際にセット販売されているSIMフリーのスマートフォンをセット購入する事もできます。すでにdocomoのスマホをお持ちの方は、SIMカードのみの契約でDMMモバイルの利用を開始できますので、また高い本体代を支払って、スマホを購入しなくても良いというのは嬉しいですね。DMMモバイルは、ドコモの回線という安心感を得ながら、格安の料金で利用できる素晴らしいサービスです。

iPhoneが分割購入OK

DMMには、iPhoneを分割払いで購入することができるという特徴があります。本来ならMVNOというものは、海外の安物の携帯端末しか扱っておらずほとんど場合、iPhoneの取り扱いはしておりません。最新のiPhone6をセット販売するDMMモバイルは、分割購入でのiPhoneの購入を考えているのであれば、DMMモバイルを選ぶ以外に候補はありません。iPhoneをMVNOで購入検討している方は、DMMモバイルを利用することを検討するのがよいでしょう。ただし、DMMモバイルのiPhoneは売り切れになっていることも多く、在庫があった際には、また在庫切れになってしまう前に申し込みをしてしまうのが良いでしょう。

データ通信量のくりこし対応!

契約プランによりデータ通信量に違いがありますが、どのプランを選んでいても、常に容量の限界まで使いきれるとは限らずに余ってしまうということもありうるでしょう。
DMMモバイルであれば、余った分を捨てることなく翌月に繰り越すことができます。前の月で余らせた通信量を次の月に使うことができないMVNOが多いので、翌月に繰り越せるDMMモバイルはおすすめのMVNOです。繰越しサービスがあれば、データ通信料も無駄なく使えてお得感がありますね。

即日MNPに対応!

即日MNPに対応することができるという点は、DMMモバイル最大の魅力の一つとなっています。MNP届け出方式と呼ばれる方式をDMMモバイルでは採用しているので、ネット上から簡単な手続きを済ませるだけで、電話がつながらない期間がないままでMNPが可能です。これまでは、即日のMNPを行う場合には、店舗まで足を運ばなければなりませんでしたが、
今では、自宅でも旅行先でも、どこででも即日MNPができるようなりました。MNPの手続きの際、携帯電話が不通になる期間が気になり、格安スマートフォンに乗り換える事ができなかった方にとって、嬉しいサービスですね。SIMカードが届いた後の手続きは、DMMモバイルのマイページから開通依頼が行えます。難しい事はなにもなく、簡単に切り替える事ができるので、格安スマートフォンが一段と身近になりますね。

魅力のポイントバック、DMMポイントを毎月還元

DMMは独自のポイント制度を設けておりますが、DMMモバイルの加入者向けに、
DMMポイントが毎月還元される、非常に魅力的なキャンペーンが行われています。月額料金だけではなく、通話料金や様々なオプション料金も含まれるので、よくDMM.comを利用する方にとっては見逃せないキャンペーンです。そうでなくても、DMMモバイルといえば、業界でも最安値を誇ることで有名なのに、 ポイント還元率が10%という、月々の料金で言えば、一番コスパのいいMNMOだと言えます。何より携帯料金を節約したいと考えている人は、DMMモバイルについて調べてみたらどうでしょうか。

バースト機能│快適な低速通信

DMMモバイルは低速通信時でもWebを快適に使えるようにする「バースト機能」をサポートしています。名前だけではどのような機能かわからないと思うのでご説明します。通信速度が低速回線の時に、最初の数秒だけ高速回線を使用し、ページが表示されるまでの期間をぐっと短縮できる機能です。そのため、低速通信でつないでいる時も、ウェブサイトの表示が速くなるため、インターネットになかなか接続できないという一番のストレスになりやすい部分を解消することができ、ページ表示がスムーズに見ることが出来るので、DMMモバイルにおいて非常に便利な機能となっています。しかしこの便利なバースト機能は、DMMモバイルとIIJmioのみに搭載されているのが残念です。

DMMモバイル口コミ

もしDMMモバイルを利用するメリットについて聞かれたら、月々の利用料金の安くて、通信の速度が速いということが挙げられます。月額料金の安さと実効速度の安定感を求める方には、DMMモバイルがついに実現してくれたのです。
口コミなどでも評価の高いところは、これら二つにあるようです。

速度が速いのが魅力的!

DMMモバイルの利用者に特に支持されているのが、高速通信の安定、実行速度の速さです。月額の基本料金は安く、かつ通信スピードも優れていますので、DMMモバイルの人気が高いのも頷けます。更にその上、DMMのさまざまなサービスで1ポイント=1円で利用できるDMMポイントもつくので、安さも速度も両方欲しいという方にとっては、とても素晴らしい格安SIMと言えるでしょう。安定した高速通信とランニングコストの低さから非常にコストパフォーマンスが高いMVNOとなっています。

DMMモバイル料金について

DMMモバイルの料金体系や通信速度について説明します。今使っているスマホの料金と比べて、どの程度、通信費が節約できるのか、読んでみて、あなたの考えをまとめる手がかりとして下さい。これから、DMMモバイルの料金プランを見ていきましょう。

DMMモバイルの料金

DMMモバイルの月額費用は、スマートホン用のSIMには、データ通信のみ可能なSIMとデータ通信と合わせて音声通話が出来るSIMがあり料金が異なります。音声通話ができるSIMとは、070・080・090から始まる電話番号が利用できるものですので、これまで通りの携帯電話と同じように使いたい場合は、音声通話ができるSIMを選ぶ必要があるので、気を付けてください。音声通話SIMの料金プランは、ライトプランで1,140円、1GBプランで1,260円、2GBプランで1,470円、3GBプランで1,500円、5GBプランで1,970円、7GBプランで2,560円、8GBプランで2,840円、10GBプランで2,950円、15GBプランで5,270円、20GBプランで6,790円です。

データSIMの料金プランは、ライトプランで440円、1GBプランで590円、2GBプランで770円、3GBプランで850円、5GBプランで1,210円、7GBプランで1,860円、8GBプランで2,140円、10GBプランで2,190円、15GBプランで4,570円、20GBプランで6,090円です。

DMMmobileの最低利用期間について

DMMモバイルの解約違約金に関して、解説していきます。データSIMについては縛り期間がないため、契約期間を気にする必要はありません。いつ解約する場合でも、解約手数料や違約金が発生しないのは安心ですね。音声通話SIMをご利用の際には、最低でも12か月利用していただかなければなりません。万が一、12ヶ月以内に解約するとなると、違約金として9,000円支払う必要があるので注意して下さい。決められた期間が自動で更新されてしまう、他キャリアと比べ 、13か月以ご利用になれば、その後はいつ解約しても違約金は発生致しません。

【締め切りの近いキャンペーン】

Umobile

Umobileの詳細

Umobileの評判

Umobileで実感できるメリットといえば 、4GLTEが無制限に使える使い放題プランでしょう。docomoと同じ品質のLTE回線で容量の制限を受けることなく高速通信ができるというのは、他のキャリアには実現することができていないプランです。他社から乗り換えてこのプランを利用すれば、毎月のスマホ代を大幅に節約しながらストレスのない通信を楽しめることでしょう。

通話SIMなら、毎月400~600ポイントバック!

コンテンツ量が多く人気の動画配信サービスのU-NEXTで利用可能なU-NEXTとは、契約数100万を突破した人気動画配信サイトです。もらえるのは「LTE使い放題2プラン」に限り月に400ポイントとなっていますが、他のプランでは月に600ポイントです。1作品約300円なので、月に2作品無料で楽しめることになります。視聴できる作品のバラエティーは豊富で、映画はもちろんのこと、海外や国内のドラマのほか、アニメや成人向け作品などまでそろっています。月額3,000円以下の料金で400~600ポイントもらえるのは、メリットが大きく、とても嬉しいサービスです。

Umobileの通信速度

色々なMVNOがあり、その中でもUモバイルは、225Mbpsのdocomo 4GLTE回線を使った格安スマホサービス。ですので、対応エリアの広さや回線速度についての安心感は高いものがあります。

Umobileの3日制限について

Umobileは、契約者が同じ条件で利用できるよう、データの通信が多すぎるユーザーがいる場合は、そのユーザーは通信速度を制限する措置の対象になります。最近3日間で使用したデータ量に応じて換算され、あらかじめ決められた容量を超えたことが分かったユーザーは、データ通信速度を遅くされてしまいます。速度が制限された状態はいつまでも続くことはなく、直近3日間の通信量があらかじめ定められた容量に収まれば自動的に解除されます。通常の使用量であればまず引っかかることはない制限にはなります。Umobile公式サイトで確認した所、規定量の公表はしていないようでした。

Umobile月額プランと解約

Umobileの利用に掛かる料金やその他費用について、ご説明していきます。現在ご利用中のスマホ料金と比べると、毎月の通信費用がどれだけ安くなるか、考えてみてください。これから、Umobileの料金プランを見てみましょう。

Umobileの月額プランと初期費用

Umobileの月額プランは、データ通信用SIMと音声通話もできるSIMの二種類があります。070/080/090番号を利用したい方は、音声通話が可能なSIMを選択する必要があるため、データ通信だけでなく普通の携帯として「声」での「通話」がしたいときには、音声通話SIMを契約しなければ電話として利用できなくなるので、注意して契約する必要があります。音声SIMの月額プランは、3GBプランで、1,580円、5GBプランで1,980円、LTE使い放題プランで2,980円、LTE使い放題プラン2で2,730円となっています。

データ専用SIMの月額費用は、1GBプラン:790円、5GBプラン:1,480円、LTE使い放題プラン:2,480円となっています。

毎月の料金が、従来のLTE使い放題プランと比較して、250円安くなるサービスです。

ユーモバイルの2年縛りは?

Umobileの解約違約金に関して、まとめましたので、ご紹介します。データSIMについて、Umobileの場合、最低利用期間は設定されていません。解約手数料は解約時期に関係なく、無料ですので心配いりません。それに対して通話SIMでは6カ月間の縛り期間が定められています。もし、6か月経過する前に途中解約するとなると、手数料として6,000円払わなければなりません。キャリアと異なり、縛り期間が自動更新されず、7ヶ月経てば、いつ解約してしまっても違約金が発生しないことはメリットですね。

LTE使い放題2プランの解約違約金

UmobileにおけるLTE使い放題プランは二つで、解約制限も他の契約プラントは異なる設定になっています。契約後6ヶ月以内で解約する場合は、違約金9,500円が掛かります。7ヶ月~12ヶ月目での解約では違約金が3,500円になります。また、利用開始月から11ヶ月以内にプランを変更する場合には、3,500円がプラン変更手数料として必要です。LTE使い放題2プランにはこのような制限があるので、契約をする際にはその点を十分に理解しておいてください。一見デメリットのように見えますが、その分、月額費用が毎月250円割引となるプランですので、12ヶ月以上契約を続ける確証があるのならば、総額でLTE使い放題2プランが他契約に比較してお安くなっています。

Umobileって?

各社が提供している格安スマホサービスのMVNO、その中でも注目を集めているサービスの一つがUmobileですが、豊富な動画コンテンツの配信サービスを行っている「U-NEXT」が提供している格安スマホサービスです。2015年に、U-NEXTは東証一部上場企業となっており、信頼性も高いですし、それまでは余り知られていない存在ではありましたが、若々しく活力にあふれ今、非常に勢いにのって伸びているMVNO業界の期待株です。
格安スマホには稀なLTE使い放題プランが選べるのも魅力的です。LTE回線による通信を制限なしに利用したい場合は、断然Umobileがお勧めです。さてさて、Umobileがなぜ話題なのかをまとめたレポートになります。お楽しみ頂ければと思います。

docomo回線網を利用した格安スマホ!

U-NEXTの提供する格安スマホはdocomo回線を使用しているのです。docomoと同じ回線を利用しているため、通話の品質もdocomo同様ですし、電波の繋がりやすさにおいても心配する必要はありません。docomoのスマホであれば多くの機種でそのまま利用可能です。もちろんUmobileでもスマホ本体も販売しているのでSIMと本体、両方セットで購入することだってできます。既に「docomoのスマホ使ってるよ!」という方は、SIMカードのみの契約が可能!お手持ちのスマホをお使いになることができますので、あらたにスマホ本体を購入する必要がなく、初期費用を安く抑えることができます。ドコモの信頼度などはそのままで、広い範囲をカバーしている通話環境の理由からも安心です。しかもリーズナブルに利用できるという、とてもお得なサービスです

高速通信使い放題!

Umobileでは、LTE使い放題という格安スマホにはなかなか見られないプランがありますが、ライバル社のほとんどはこのようなプラン設定ができていないので、LTE無制限プランはUmobieの魅力の一つになっています。高速データ通信の制限を気にしないで使用したい方には、通信制限がかかる心配をせずに使える、ありがたいプランとなっております。LTE使い放題でありながら、料金も月額3,000円以下という価格設定となっています。大手キャリアと比べても、この料金設定は明らかに安く、料金を抑えられる事が一目瞭然です。月々のデータ通信量が多い方にとっては、低価格で好きなだけ使えるという点は理想的なプランであるといえるでしょう。高速で大量に通信したい場合には、見逃せないMVNOでしょう。もっと詳しくLTE使い放題プランについて知りたい方は、ぜひUmobile公式サイトをのぞいてみて下さい。

ネットで即日MNPに対応している

Umobileは即日MNPに対応しています。Umobileの即日MNPはMNP届け出方式なので、インターネットでお申し込みをするだけで、不通期間なしでMNPが可能となっております。今までは、店頭にいって直接申し込まなければ出来ませんでしたが、今や、自宅でも出張先でも、即日MNPが可能となっています。MNPへの切り替え時に携帯が使えなくなってしまう期間があることで、乗り換えをしようか迷っていたという方には特に、安心していただけるサービスとなっております。MNP届け出方式の場合はSIMカードが到着したら、Umobileの会員ページで回線切替ボタンを押せば手続きは完了です。MNPが簡単にできるようになったことで、格安スマホへの乗り換えが手軽にできるようになっています。

今月開催中のキャンペーン

UQモバイル

UQモバイルの詳細

UQモバイルの特徴

UQモバイルはAUから回線を借りて格安SIM、格安スマホを提供するMVNOの一つです。格安な上にキャリアから乗り換えると、さらに月々の支払いが安くなるのが魅力です。月々1,680円で利用できる格安SIMが話題のUQモバイル。UQモバイルはAUから回線を借りているので、通話のクオリティや電波の範囲などはAUと同じです。また、UQモバイル独自の無料通話付きプランも見逃せません。早速、UQモバイルのすべてを網羅したつもりです。気持ちを楽にして読んでみてください。

AUの基地局を使った格安SIMサービス

WimaxでおなじみのUQコミュニケーションズが運営しているUQモバイルは、AUの回線を借りてサービスを提供しています。ですので、通話の品質はAUと比べてもなんら変わりはありませんし、対応エリアが広く、圏外も少ないので、安心して使えます。AUのスマホなら、大半の機種が、UQモバイルでそのまま使えます。スマホをお持ちでない方やこれを機に機種変更をされたい方のために、UQモバイルはセットでの販売も用意しています。AUのスマホを利用中の方であれば、UQモバイルのSIMカードを契約するだけで今までと同様に利用することができるのです。また新たに機種を購入する必要もありません。UQモバイルとは、AUの回線を使いながら月々の携帯代が安く出来るというサービスです。

VoLTE(ボルテ)対応!

UQモバイルの特徴として、VoLTE対応プランを提供しているというところが挙げられます。VoLTEとは、今までの音声通話よりも音質がはるかによい、最新の通話技術を備えた名称です。対応する音声周波数が、今までは300Hz~3.4KHz と狭く特に高音は篭もった感じになっていました。VoLTEでは、拾える音の周波数の範囲が広がり、50Hzから7kHzという広範囲になりました。音が聴こえる周波数がこれだけ広がったので、高音質な通話が可能になったのです。UQモバイルの大きな魅力のひとつが、このVoLTEに対応しているということです。

データくりこしに対応している

UQモバイルのいいところは、当月に利用しなかった分を翌月へ繰り越すことができるため、月ごとに使用するデータ量が違う場合にも、前月の残り分をそのまま使えるのでデータ量が多いときにも安心のうれしいサービスですね。UQモバイルでは通信を便利にするためのターボ機能も用意されており、通信速度の高速・低速を選ぶことができます。データ容量を節約できるので便利な機能ですね。

UQモバイル評判

UQモバイルの最大の魅力といえば、特に高速通信が可能なMVNOであることでしょう。ネットでの満足度調査や、周りの口コミでも、通信速度に対する評価は高く、料金プランのバリエーションの無さや、一月あたりの料金の安さでは他社に負ける部分もありますが、それを鑑みても、最も良い格安SIMと言えます。格安スマートフォンを選ぶ際は、これを利用することを視野に入れてみてはどうでしょうか。

最高に快適な通信の実効速度は必見

UQモバイルに関する一番良い点と言われれば、抜群の通信速度です!私は何社かのMVNOと契約をして使ったことがありますが、安定して高速通信を実現しているため、最も良く使っている携帯となっています。通信回線はスピード重視という方に、速い通信速度のMVNOってある?とよく言われるのですが、私はいつも「UQモバイルがいいよ!」と教えています。料金は他社のものよりも、多少高くなりますが、通信速度が速いことを考えたら料金は若干高めでも使う価値はあります。

UQモバイルの通信速度について

MVNOには様々な種類がありますが、その中でもUQモバイルは、通信スピードの安定的な速さで好評を得ています。格安SIMアワード2015で示されたように、通信速度部門において、UQモバイルはトップの栄冠に輝いています。速度を一番に考えたい場合には、一番おすすめなのが、このUQモバイルなのです。MVNOと格安スマホの普及は将来どんどん進んでいく気配ですね。

UQモバイルにおける3日制限

UQモバイルでは、私どもと契約していただいた方が気持ちよく同じ通信環境でやりとりできるように、何度もたくさんデータを送受信される方の通信スピードを規制させていただいております。利用日の直前3日間のデータ通信の使用量を合計し、予め決まっている量を越した方に対しては、通信速度の制限をしています。直前の3日間に通信したデータの量が基準値よりも低くなり次第、制限措置は自動で終了します。過度な使用をしなければ、通信制限にかかることはほとんどないと思います。UQモバイルの場合、各契約プランごとの規定値は決められておらず、全プラン共通で直近3日で1GBが規定値に設定されています。

UQモバイル料金プラン

UQモバイルの料金プラン、通信速度などについて紹介します。今、月々いくらぐらいスマホ代がかかっていますか?どれだけ通信費が抑えられるか、キャリア選びの参考になれば幸いです。早速、UQモバイルの料金プランの詳細をチェックしていきましょう。

料金と初期費用

UQモバイルの月額費用は、音声通話付きSIMとデータ通信専用SIMの二つの選択肢があります。音声通話も出来るSIMは、090/080/070の電話番号が使え、今まで通りに携帯電話としても利用したい時は、音声通話SIMを選ばなければいけません。音声SIMの月額プランは、データ無制限+音声通話プランで2,680円、データ高速3GBプランで1,680円となっています。

データ通信専用SIMの料金は、データ無制限プランで1,980円、データ高速3GBプランで980円です。

UQモバイルの解約縛りについて

UQモバイルの最低利用期間、契約する前に、把握しておいてください。データSIMについては、決まった利用期間はありません。契約したものの気に入らなかった場合など、いつでも違約金を支払うことなく解約することができます。その一方で、通話SIMについては最低12ヵ月は利用することが契約条件となっています。もしも、12ヶ月以内に解約してしまうと、違約金として9,500円が必要になりますのでご留意ください。しかし、大手キャリアの場合は、最初の縛り期間が自動更新されますが、格安スマホの場合は自動更新とはならないという点で、13ヵ月経過した時点で違約金を支払う必要がなくなるので、その点は有難いことですね。

【UQmobile】今月のキャンペーン

楽天モバイル

楽天モバイルの詳細

楽天モバイルのユニークポイント

楽天モバイルはMVNOの一つで、今注目を浴びている格安スマホが利用できます大手携帯会社のdocomo,AU,softbankなどからの乗り換えなら、月々のスマホ代がお得になるサービスです。毎月1,250円の使用料で利用できる格安SIMが注目を浴びています。安くできるのは、楽天モバイルが既存のNTTドコモの回線を使用しているからということもありますが、通話品質や電波の届き具合もdocomoとなんら変わりはありません。楽天モバイルを使用している間は、楽天市場を利用したときにもらえるポイントが2倍になるというサービスがずっと続くことも魅力的です。というわけで、今回は、楽天モバイルの評判から最新キャンペーン情報までまとめたレポートです。楽しく読んで下さいね♪

docomoのネットッワークを利用した格安スマホ

楽天モバイルはdocomoの回線を使用して運営されています。気になる通話品質もドコモと同じなため、対応エリアが広く、つながりやすさはピカイチです。ドコモのスマホであれば多くの機種でそのまま利用可能です。スマートフォンも新しく購入したい方は、端末とSIMをセットで購入できます。ドコモのスマホをもっている場合、SIMカードのみを契約すれば使用することができるので、けっこう高価なスマホ本体の分が浮き、初期費用を抑えられるのもありがたいですね。格安サービスでありながらキャリア回線と同一の品質で使用できる。これが楽天モバイルの強みです。

SIMフリースマホが多い

楽天モバイルの契約をするにあたって対応する端末をお持ちでない場合、スマホ本体を新規で購入しなければなりません。楽天モバイルでは端末とSIMのセットを格安で購入することができ、種類が豊富で、他のMVNOと比べても非常に充実したラインナップとなっています。スマホ以外にもタブレットのラインアップが豊富で、使い方や好みに合わせた選択ができます。一点だけ注意してほしいのは、楽天カードの会員のみが、端末代を支払う際の分割払いサービスを受けられるということです。もし、契約時に楽天カードをお持ちではない場合、スマートフォン本体代金の支払い方法は一括払いしかありません。それでも他のMVNOよりも本体の種類が多いという点は、選択肢の幅が広いので大変魅力的ですよね。

あまったデータ量の繰り越し

データの通信量はプランによって変化しますが、使用する頻度によりデータ通信量が余ってしまう月もあると思います。そんな時に楽天モバイルのモバイルの場合、余ったデータ容量を翌月に繰り越して使用する事が可能です。使いきれずに余った通信量を翌月に使えるサービスを行っていないMVNOもあるので、これは楽天モバイルの魅力の一つです。月々の携帯代が安い上に、無駄なくデータ通信量も使えるのはポイントです。

通話料金が半額で済む、楽天でんわ

「楽天でんわ」とは、楽天グループ傘下の楽天モバイルが提供している、通話料が半額になるという非常にお得なサービスです。IP電話とは違い、プレフィックス型通話サービスと言うサービスで、発信元であるこちらの電話番号が発信先の相手にきちんと通知されます。通知される番号は、いつも使用している電話番号が相手に通知されます。相手方にしてみれば、いつもどおりの電話と何ら変わらない訳です。IP電話利用時は非通知発信または050から始まる電話番号が相手に通知されるので、電話を受け取った側からすると、掛けてきた相手が分かりづらくて何かと困るものですが、「楽天でんわ」はその点で安心です。また、楽天でんわを使用した場合の通話料でも、楽天ポイントとして加算されるのでとてもお得になっています。通話しホーダイのサービスも開始となりました。

5分かけ放題オプション開始

ドコモ・au ・SoftBankといった大手3大キャリアでは、各社通話し放題のプランを用意していますが、格安MVNOのほとんどが、通話し放題プランを設定していません。月額料金が安いのは良いけど、通話料金が高そうで怖い。という方も、安心のサービスが開始されました。このたび楽天モバイルでは月額850円で、5分間までの通話なら何回かけても無料になる「5分かけ放題オプション」をはじめました。しかも、このオプションではIP電話を使わずに、電話回線を利用できるので、従来の「楽天でんわ」や通常の通話と同様に、発信者番号通知にも対応しており、
特別な違いを感じることなく通話し放題プランを利用できることが一つの売りとなっています。NifMoにもかけ放題オプションがありますが、相手方に非通知で来ることがそこそこあるみたいです。楽天でんわだと1分で約22円になるので、毎月45分ほど電話をかける,という方には最適な通話オプションサービスだと思います。

最初の1ヶ月は無料に!

楽天モバイルで格安SIMの契約をすれば、ひと月目の使用料は不要となります。使用開始月というのは、SIMカードなど、楽天モバイルで契約したものを受け取った日の月のことです。月の最初の方にSIMカードが届けば、その分長く無料で使えることになります。とは言っても、現在利用中のスマホの解約手数料や無料解約月の兼ね合いもありますので、ケースバイケースということになり、必ずしも月初めが狙い目ともいえないのです。

楽天モバイルの月額と解約

楽天モバイルの料金や初期費用・通信速度をご紹介していきます。月々の携帯代と見比べながら、どれだけ通信費が抑えられるか参考にしてみてください。これから、月額プランを見てみましょう。

楽天モバイルの料金・初期費用

楽天モバイルの料金は、データSIMと音声通話SIMでそれぞれの料金設定が異なります。番号が070、080、090で始まるものは音声通話SIMとなるので、従来の携帯電話として使用する場合には、音声通話もできるSIMを利用しないといけませんので気をつけてくださいね。音声通話SIMの月額プランは、低速使い放題プランで、1,250円、3.1GBプランで1,600円、5GBプランで2,150円、10GBプランで2,960円となっています。

データSIMの月額費用は、低速使い放題プラン:525円、3.1GBプラン:900円、5GBプラン:1,450円、10GBプラン:2,260円です。

ベーシックプランとは、200Kbpsといった低速度の使い放題プランですので、ベーシックプラン以外は、低速でなくLTEの225Mbpsの高速回線が使用できるプランとなっています。初期費用は、3,240円で、それプラス端末料金が必要です。

楽天モバイルの解約制限について

解約制限と違約金、契約する前に、把握しておいてください。利用期間の規定はデータSIMにはありません。解約手数料は無料なので、安心です。一方で、最低でも1年間使わなければならないのが、音声通話SIMです。そのため12カ月以内に通話SIMを解約する場合は、違約金として9,800円が必要になりますのでご留意ください。大手のキャリアですと、黙っていると契約期間の縛りが勝手に更新されていきますが、こちらは後発だけに、最低利用期間を終えての13ヶ月からは、違約金が発生しなくなるのが嬉しいです。

楽天モバイルのインターネット速度について

楽天モバイルは、docomoの高速通信回線、いわゆる4G回線を利用しています。速度に関しては、ドコモの回線を利用しているのであれば、通信速度もつながりやすさも安心ですよね。ドコモのスマホと全く同じ回線が格安で利用出来るのは、楽天モバイルの強みとなりそうです。これから先も益々MVNOや格安スマホの拡大していきそうですね。

楽天モバイルの速度制御

どのMVNOにおいても一緒ですが、ユーザーが平等にデータ通信を行えるように、過度なデータ通信を使用したユーザーに対しては、速度制限をしています。利用日の直前3日間のデータ通信の使用量を合計し、予め決まっている量を越した方に対しては、速度制限が適応され、通信速度が遅くなるよう設定されています。この三日間の通信量がが定められた値を越えなければ、速度制限はなくなります。普通に使用している分には、そうそう掛からない制限かと思います。料金プランごとの規定容量 3.1GBプラン=540MB/3日 5GBプラン=1GB/3日 10GBプラン=1.7GB/3日

今月開催中のキャンペーン