mineo

mineoの詳細

mineoの速度について

mineo(マイネオ)の通信速度は、一体どのくらいのものなのか解説します。ドコモ回線プランは255MbpsのLTE回線で、AプランでもAUのLTE回線と同じ、最大225Mbpsの速度がでます。デジタル家電情報などを載せている雑誌などにも書かれていますが、混雑する時間帯に関しては、キャリア契約の回線の方が通信速度が上なのです。圧倒的な通信速度を求めるのであれば、キャリア契約が無難と言えます。しかし、料金の安さは比べるまでもないくらい勝っていますし、速度が遅い場合があることを差し引いても、とてもいいサービスなのかと思います。

mineo Aプランにおける3日間制限

キャリアもMVNOもそうですが、契約している全ての方々が快適な通信が利用できるよう、多くのデータ通信を利用したユーザーには、速度制限をしています。利用日の直前3日間のデータ通信の使用量を合計し、定められた容量をオーバーしたユーザーに向かって、速度制限措置が取られます。200Kbpsの速さとなります。直近3日制限は、データ通信の使用量が規定の容量を下回れば、自動的に制限が解除されます。過度な使用をしなければ、通信制限にかかることはほとんどないと思います。料金プランごとの規定容量は規定されていないようで、Aプランは、各プランともに、直近3日で1GBが規定値に設定されているようです。

mineo docomo回線プランの3日制限

mineoのdocomo回線プラン通称Dプランならば、直近3日間における通信量をベースにした、3日制限がかかる仕様はございません。動画を沢山見る日もあれば、全く見ない日もあるなど、日毎の通信量の変動幅が大きい方は、直近3日間の通信量により規制がかかるauプラン(Aプラン)よりもドコモプラン(Dプラン)の方が、気兼ねなく、データ通信が行えます。プランを選ぶときには、このような点にも注目してみてください。

mineoのチェックすべき項目

MVNOであるmineoでは、格安SIMと格安スマホを展開しています。月々のスマホ料金を節約したい場合、他のキャリアからの乗り換えをするとかなりの料金低下が見込める格安スマホサービスです。デュアルタイプ(データ通信+音声通話)の月額基本料金は1,310円からと料金の安さが話題となっています。マルチキャリアMVNOを国内初で提供しているのが「mineo(マイネオ)」で、docomo回線のプランとau回線のプランの好きな方を利用する事が出来ます。docomoやauと同じ電波エリアや音声品質で利用できるので、とてもお得なサービスですね。まだ、MVNO?格安スマホ?という方もいると思いますので、mineoの速度や解約・店舗情報など、mineoのすべてを網羅しました。mineoに関して、理解を深めて頂けるかと思います。

docomoとdocomo・AUエリアで使える激安なスマホ

mineoはdocomo回線とau回線を用意している国内初のマルチキャリアMVNOです。docomoとauのそれぞれの回線を利用しているので、音質はもちろん、サービスエリアもまったく変わりありません。その上、docomo回線とAU回線を使っているのでdocomo、AUのスマホがそのまま使えるので、新しく買い換える必要はありません。スマートフォンの買い替えしなくて済む事は、ユーザーにとってはかなりお得です。今までauやdocomoのスマホを使っていても、mineoでもSIMフリーのスマホを販売しているので、買い替えることもできます。docomoやauといった大手キャリアの回線がお好みで選べて、自分でdocomo、auの回線の好きな方を選択する事が出来ます。1ヶ月分の料金もそれぞれに差があるので、検討する際には比較することを忘れないようにしましょう。

VoLTEに対応

VoLTE対応プランをいち早く用意したのが、mineo。「VoLTE」は、従来の音声通話の音質を改善した、最新通話技術のことです。従来の音声通話が対応できる周波数は、300Hz~3.4kHzまででした。しかし今回のVoLTEにおいては拾える音が広がり、50Hz~7kHzまでの音を拾うことができるようになりました。これは、今までの通話と比較すると、かなりクリアな音質で話せるようになったということです。これがmineoの魅力でもある、VoLTEというものです。docomoプランは元々VoLTE対応ですし。

データ量繰り越しOK

mineoにおいては、パケットの通信量を次の月に繰り越すことも可能なので、月によってデータ通信量が大きく変わる方でも、気兼ねせずに利用できるので、ユーザーにとっては大変利用価値が高いと思います。

mineoスイッチアプリを駆使して、通信量を節約!

mineoではmineoスイッチと呼ばれるものがあり、高速に通信する必要が無いときは、低速な通信に切り替えることが可能となっています。データ使用量を管理し、無駄なく使うにはうってつけの機能なのです。通信量節約のためにmineoスイッチアプリやWifiを組み合わせて使用することで、さらに安いプランでおさめることができます。非常にお得なMVNOですので、是非ご検討下さい。

mineo月額料金と解約

mineoの料金プラン、通信速度などについて紹介します。現在契約中のスマホの料金と照らし合わせながら、どれくらい携帯料金を抑えることが可能になるのか、是非参考にご覧ください。どれだけ安いのか、mineoの料金プランの詳細をチェックしていきましょう。

mineoの料金

mineoのプランは、データ通信専用SIMと音声通話付きSIMで分かれています。070・080・090の電話番号が使いたい場合は音声通話付きSIMが必要で、従来のスマホと同じ使い方をしたいのであれば、音声通話が出来るSIMが必要になりますので、音声通話付きのSIMを選ぶようにして下さい。音声通話SIMの料金は、Aプラン(AU回線)が500MBで1,310円、1GBで1,410円、3GBで1,510円、5GBで2,190円、10GBで3,130円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MBで1,400円、1GBで1,500円、3GBで1,600円、5GBで2,280円、10GBで3,220円となっています。

データ専用SIMの月額費用は、Aプラン(AU回線)が500MB:700円、1GB:800円、3GB:900円、5GB:1,580円、10GB:2,520円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MB:700円、1GB:800円、3GB:900円、5GB:1,580円、10GB:2,520円:す。

mineoの解約違約金

mineoの違約金に関して、解説していきます。キャリアと同じく多くのMVNOでも縛り期間があっても、mineoでは縛りの期間がないので、解約時に違約金がかかりません。使用期間の縛りを気にせず、格安SIMを試せることは、色々と試す事ができるので、MVNOにおいては強力な特色といえるでしょう。ただし、1年以内のMNP転出の場合には、12,420円が掛かってしまいます。音声通話SIMを使う方は、注意する必要があります。

今なら間に合うキャンペーン