楽天モバイル

楽天モバイルの詳細

楽天モバイルのユニークポイント

楽天モバイルはMVNOの一つで、今注目を浴びている格安スマホが利用できます大手携帯会社のdocomo,AU,softbankなどからの乗り換えなら、月々のスマホ代がお得になるサービスです。毎月1,250円の使用料で利用できる格安SIMが注目を浴びています。安くできるのは、楽天モバイルが既存のNTTドコモの回線を使用しているからということもありますが、通話品質や電波の届き具合もdocomoとなんら変わりはありません。楽天モバイルを使用している間は、楽天市場を利用したときにもらえるポイントが2倍になるというサービスがずっと続くことも魅力的です。というわけで、今回は、楽天モバイルの評判から最新キャンペーン情報までまとめたレポートです。楽しく読んで下さいね♪

docomoのネットッワークを利用した格安スマホ

楽天モバイルはdocomoの回線を使用して運営されています。気になる通話品質もドコモと同じなため、対応エリアが広く、つながりやすさはピカイチです。ドコモのスマホであれば多くの機種でそのまま利用可能です。スマートフォンも新しく購入したい方は、端末とSIMをセットで購入できます。ドコモのスマホをもっている場合、SIMカードのみを契約すれば使用することができるので、けっこう高価なスマホ本体の分が浮き、初期費用を抑えられるのもありがたいですね。格安サービスでありながらキャリア回線と同一の品質で使用できる。これが楽天モバイルの強みです。

SIMフリースマホが多い

楽天モバイルの契約をするにあたって対応する端末をお持ちでない場合、スマホ本体を新規で購入しなければなりません。楽天モバイルでは端末とSIMのセットを格安で購入することができ、種類が豊富で、他のMVNOと比べても非常に充実したラインナップとなっています。スマホ以外にもタブレットのラインアップが豊富で、使い方や好みに合わせた選択ができます。一点だけ注意してほしいのは、楽天カードの会員のみが、端末代を支払う際の分割払いサービスを受けられるということです。もし、契約時に楽天カードをお持ちではない場合、スマートフォン本体代金の支払い方法は一括払いしかありません。それでも他のMVNOよりも本体の種類が多いという点は、選択肢の幅が広いので大変魅力的ですよね。

あまったデータ量の繰り越し

データの通信量はプランによって変化しますが、使用する頻度によりデータ通信量が余ってしまう月もあると思います。そんな時に楽天モバイルのモバイルの場合、余ったデータ容量を翌月に繰り越して使用する事が可能です。使いきれずに余った通信量を翌月に使えるサービスを行っていないMVNOもあるので、これは楽天モバイルの魅力の一つです。月々の携帯代が安い上に、無駄なくデータ通信量も使えるのはポイントです。

通話料金が半額で済む、楽天でんわ

「楽天でんわ」とは、楽天グループ傘下の楽天モバイルが提供している、通話料が半額になるという非常にお得なサービスです。IP電話とは違い、プレフィックス型通話サービスと言うサービスで、発信元であるこちらの電話番号が発信先の相手にきちんと通知されます。通知される番号は、いつも使用している電話番号が相手に通知されます。相手方にしてみれば、いつもどおりの電話と何ら変わらない訳です。IP電話利用時は非通知発信または050から始まる電話番号が相手に通知されるので、電話を受け取った側からすると、掛けてきた相手が分かりづらくて何かと困るものですが、「楽天でんわ」はその点で安心です。また、楽天でんわを使用した場合の通話料でも、楽天ポイントとして加算されるのでとてもお得になっています。通話しホーダイのサービスも開始となりました。

5分かけ放題オプション開始

ドコモ・au ・SoftBankといった大手3大キャリアでは、各社通話し放題のプランを用意していますが、格安MVNOのほとんどが、通話し放題プランを設定していません。月額料金が安いのは良いけど、通話料金が高そうで怖い。という方も、安心のサービスが開始されました。このたび楽天モバイルでは月額850円で、5分間までの通話なら何回かけても無料になる「5分かけ放題オプション」をはじめました。しかも、このオプションではIP電話を使わずに、電話回線を利用できるので、従来の「楽天でんわ」や通常の通話と同様に、発信者番号通知にも対応しており、
特別な違いを感じることなく通話し放題プランを利用できることが一つの売りとなっています。NifMoにもかけ放題オプションがありますが、相手方に非通知で来ることがそこそこあるみたいです。楽天でんわだと1分で約22円になるので、毎月45分ほど電話をかける,という方には最適な通話オプションサービスだと思います。

最初の1ヶ月は無料に!

楽天モバイルで格安SIMの契約をすれば、ひと月目の使用料は不要となります。使用開始月というのは、SIMカードなど、楽天モバイルで契約したものを受け取った日の月のことです。月の最初の方にSIMカードが届けば、その分長く無料で使えることになります。とは言っても、現在利用中のスマホの解約手数料や無料解約月の兼ね合いもありますので、ケースバイケースということになり、必ずしも月初めが狙い目ともいえないのです。

楽天モバイルの月額と解約

楽天モバイルの料金や初期費用・通信速度をご紹介していきます。月々の携帯代と見比べながら、どれだけ通信費が抑えられるか参考にしてみてください。これから、月額プランを見てみましょう。

楽天モバイルの料金・初期費用

楽天モバイルの料金は、データSIMと音声通話SIMでそれぞれの料金設定が異なります。番号が070、080、090で始まるものは音声通話SIMとなるので、従来の携帯電話として使用する場合には、音声通話もできるSIMを利用しないといけませんので気をつけてくださいね。音声通話SIMの月額プランは、低速使い放題プランで、1,250円、3.1GBプランで1,600円、5GBプランで2,150円、10GBプランで2,960円となっています。

データSIMの月額費用は、低速使い放題プラン:525円、3.1GBプラン:900円、5GBプラン:1,450円、10GBプラン:2,260円です。

ベーシックプランとは、200Kbpsといった低速度の使い放題プランですので、ベーシックプラン以外は、低速でなくLTEの225Mbpsの高速回線が使用できるプランとなっています。初期費用は、3,240円で、それプラス端末料金が必要です。

楽天モバイルの解約制限について

解約制限と違約金、契約する前に、把握しておいてください。利用期間の規定はデータSIMにはありません。解約手数料は無料なので、安心です。一方で、最低でも1年間使わなければならないのが、音声通話SIMです。そのため12カ月以内に通話SIMを解約する場合は、違約金として9,800円が必要になりますのでご留意ください。大手のキャリアですと、黙っていると契約期間の縛りが勝手に更新されていきますが、こちらは後発だけに、最低利用期間を終えての13ヶ月からは、違約金が発生しなくなるのが嬉しいです。

楽天モバイルのインターネット速度について

楽天モバイルは、docomoの高速通信回線、いわゆる4G回線を利用しています。速度に関しては、ドコモの回線を利用しているのであれば、通信速度もつながりやすさも安心ですよね。ドコモのスマホと全く同じ回線が格安で利用出来るのは、楽天モバイルの強みとなりそうです。これから先も益々MVNOや格安スマホの拡大していきそうですね。

楽天モバイルの速度制御

どのMVNOにおいても一緒ですが、ユーザーが平等にデータ通信を行えるように、過度なデータ通信を使用したユーザーに対しては、速度制限をしています。利用日の直前3日間のデータ通信の使用量を合計し、予め決まっている量を越した方に対しては、速度制限が適応され、通信速度が遅くなるよう設定されています。この三日間の通信量がが定められた値を越えなければ、速度制限はなくなります。普通に使用している分には、そうそう掛からない制限かと思います。料金プランごとの規定容量 3.1GBプラン=540MB/3日 5GBプラン=1GB/3日 10GBプラン=1.7GB/3日

今月開催中のキャンペーン